スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋の人からの手紙

俺の名前はアルベルト・カッセル。
花粉症に苦しむ(主に夜中)キャラバンだ。


それでは、俺の元に届いた初恋の人からの手紙を紹介しよう・・・



初恋の人からカッセルさんへお手紙が届きました。




  カッセル、元気にしてる?
  今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?
  洗濯で縮んだって必死に言い訳していたカッセルをなつかしく思います。

  泣きじゃくる私にカッセルが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と
  慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう19年が経ったのですね。
  月日が流れるのは早いものです。

  あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。
  ひさびさに友達に会ったときにカッセルの話題になってなつかしかったので、
  思いつくままに手紙でも書こうかなって。

  今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、
  なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。
  カッセルは、なんだかんだと文句ばかり言う私に

    「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」

  なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、
  私はずっと子供のままでしたね。
  あのころからすでにカッセルはおじいさんのように穏やかでした。

  私にとっては8人目の彼氏でしたが、
  そういえばカッセルにとっては初恋の相手が私でしたよね。
  最初のころのカッセルはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、
  最終的には妙に自信をつけていましたね。
  勘違いとは恐ろしいものです。

  告白するときのカッセルは、必死で

    「一生大事にするから」

  とか酔っ払ったことを言っていましたね。
  とても嬉しかったのですが、
  お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。
  後先考えないところはカッセルらしいとも思いました。

  恋愛を総合的に考えれば、私はカッセルと付き合えてよかったなぁと思います。
  当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、
  カッセルがどこか頼りなかったおかげだと思っています。

  いろいろ書きましたが、私はカッセルのことがそれでも好きでした。
  これからもカッセルらしくいられるよう、
  そしてたまにはスーパー以外で洋服を買って(笑)
  幸せをふりまいてください。

  またいつか会いましょう。では。

  P.S. カッセルが誕生日にくれたキャッチャーミット、
     使い道がないので捨てていいですか?







そうか、あれからもう19年か・・・
月日の経つのも早いもんだな。
人をまだ愛せるくらい俺も若かったあの頃、懐かしいな、本当に。

色々言いたい放題言われてるが、コレだけは言わせてくれ!


 キャッチャーミットを捨てずに19年間ずっと保管してたのかwwwww


(´・ω・`)正気の沙汰とは思えんぞwwww





ちなみに


 この診断であなたがどう分析されたのかはこちらをご覧ください。


↑が分析結果だそうだ。



(´・ω・`) 当たってるかどうかは俺と付き合ったことがある方々の判断に任せるとしよう








コメント



>あのころからすでにカッセルはおじいさんのように穏やかでした。


残念ながら付き合ったことはありませんが
当たってると思います(´・ω・`)


レス

◆アルマクさま
そこか、そこなのか?!

(´・ω・`)診断結果の方を期待してた俺、涙目



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albertkassel.blog77.fc2.com/tb.php/245-0c45e139


Powered by FC2 Blog
道化芸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。