スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てのある旅路 #004 ヒホン

俺の名前はレフ・リヒテル
3連休の中日が唯一の休日の中の人に操作されている紳士だ。


それでは逝ってみよう。


まず、だ。
連絡しておかねばならない話がある。


 01-商会の情報


俺の、俺による、俺のための商会、スーパーリヒテルタイム。
ぶっちゃけて言うと俺以外の他人の入会を想定していない。
ここに入れるのは俺の垢だけ。
5垢もないからショップ利用が出来ないけどソレはソレで問題ないし、誰かと話したいから設立したわけでもない。

 (´・ω・`) まぁ、俺と肉体関係に及びたいと熱望する♀の人なら考慮してもいいが・・・

本気で来られても困るので、申請には軽やかにスルーで行きますのでよろしくお願いします。

 (´・ω・`) 中の人は魔法使いを目指し修練してるんだからねっ



さて、閑話休題。
オポルトからのスタート。
前日ちょっとした恐怖な出来事が俺を襲ったが、全ては俺がダメ人間であるが故の悲劇と受け止めこの旅を完遂することを心に固く誓う。


オポルトから北へ。
イベリア半島周遊もコレがラストになる。


 02-ヒホン沖


北岸にあるヒホン。
俺的にはココは聖地。
家畜2種と鉄鉱石を擁する素敵過ぎるが素朴な、そして何故か冒険クエストで結構お世話になる街。


 03-ヒホン


遂にたどり着いたんだ!


 (´・ω・`) もうゴールでもいい、そんな達成感に満たされる俺。


しかし、ここで、たった4日で終焉してしまってはせっかく課金したのに勿体無い俺の壮大なネタが宙ぶらりんになってしまう!

 (´・ω・`) ぶっちゃけ中の人は明日も仕事で忙しいんでソレもアリって言えばアリなんだが。


そんな揺れる乙女心を抑えながらヒホンを堪能する俺。


 04-上品な少女と俺と物語


やっぱ上品な少女との記念撮影は外せない。
普通に海事や交易しかしない人には知りえないあの熱いドラマ。

 (´・ω・`) おじさん泣いたよ。



そんな訳でミーハー気分を満たした俺が向かうのはあそこだ。


 05-酒場にて


酒場。
どんな街にもある俺の生活飲料水が飲める場所。

 (´・ω・`) やっぱ落ち着くな。



#004 終了







コメント



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albertkassel.blog77.fc2.com/tb.php/395-bd400f10


Powered by FC2 Blog
道化芸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。