スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の名前はレフ・リヒテル。
ようやく連休を満喫できそうで実はそうでもない紳士だ。


それでは逝ってみよう。


トレビゾントから西へ、だんだんと黒海の出口に近づいていく。
黒海最後のポイント、トルコ北岸ももう目前だ。

 (´・ω・`) あの岬を越えればもう…

と沿岸ギリギリを通りながらNPCをかわしてきた俺、リヒテル。
凶悪なガレーのシルエットが見えたら即転舵。

 (´・ω・`) 中々スリルが合って良いな。

と、思った矢先に

 01-クリミア海賊の強襲

ガレーじゃないのに襲われたよ!
キャラック系とか油断してたな( ´△`)

そんな折、沿岸走行してたことが仇になる。
浅瀬に乗り上げたんだ…
そこからもがくように逃げて

 02-痛いよ、ママン

 (´;ω・`) 砲撃が痛いよ、ママン…

ガレー系とは違い痛い痛い。
拿捕しにかかってこないけど、適度に距離をとって囲むように間合いを詰めてくる。

俺はというと修理連打で必死に離脱を図る!

 03-轟沈!

が、後1秒くらい速ければ逃げ切れたんだが遂に力尽きる(´・ω・`)
初の轟沈である。

 (´・ω・`) 正直逃げ切ったと思ったんだ…

 (´・ω・`) 屈辱である!

とあらぶる魂とは裏腹なこの状況。
救命具も救助スキルもない。
おまけに誰もいない黒海…
そして時間は深夜1時過ぎ。

 (´・ω・`) どうみても詰みですな、HAHAHA

 04-難破

そんな訳で難破。
Take2となったわけです、はい。



で、2回目では何故かNPCが消えててあっさり到着。
何この虐め!
超警戒しまくった俺、涙目!

 05-トルコ北岸上陸地点沖

ココの奥にはあのカッパドキアがある。
行ってみたかったんだが、誰もいないこの時間、多くを望むのは無謀だろう。
セビリアでシャウトすれば誰か来てくれたかも知れんがwww

そうなるとすることも限られる。
黒海の上陸地点のNPCとやると疲れるので、今回も徒労に終わる探索を少々…

 06-掘り掘り

うん、しょっぱいな。

砂と草と石と。
後ちょっと疲労感。

 (´・ω・`) 次やるときはブーストつける!


そして酒場はおろか休憩所の無いこの上陸地点で俺は今宵も力尽きる…


#068 終了







コメント



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albertkassel.blog77.fc2.com/tb.php/473-0aa12389


Powered by FC2 Blog
道化芸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。