スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てのある旅路 #126 ジェッダ

俺の名前はレフ・リヒテル。
4週間近く止まってた時間が動き出した紳士だ。


それでは逝ってみよう。


 (´・ω・`) まぁ、その、なんだ。

 (´・ω・`) とりあえずトンネルは抜けたんじゃなかろうか。

 (´・ω・`) 後はピンポイントの徹夜とかあるかも知れんが

 (´・ω・`) 後に引く状況じゃなさそうだ。

 (´・ω・`) まぁ、リハビリしながらこっちにも徐々に復帰していくことになるだろう。


さて、紅海の折り返し点であるスエズから今度は東岸を陸沿いに進むことになる。
シナイ半島東岸も中程に進むともうチラホラとNPCが徘徊してる(´・ω・`)

 (´・ω・`) 油断して陸から離れるとすぐに捕捉されるんだ。

 (´・ω・`) ガレアスとか居るから超怖いんだ!

シナイ半島からチラン海峡を経て、ついにアラビア半島に辿り着く!

 (´・ω・`) さりげなくアカバ湾はスルーしてる

今の世ではダイビングのスポットらしいので逝ってみたい気もするが、この世界でダイビングというとセイレーン先生とか轟沈くらいしかないので寄り付く必要はないのである!

 (´・ω・`) 君子、危うきに近寄らず

なのである。


 01-ジェッダ沖

そんな訳で5日かかって今日の目的地ジェッダに辿り着く。

 (´・ω・`) 何気に時間がかかるんだ。

 (´・ω・`) 確かに距離はそこそこあるんだが、ココまでかかるとは予想GUY

 02-ジェッダ

さて、ジェッダ。
ママの人がwiki先生に尋ねて答えてもらえなかったようだが、ちゃんとある。

 ジェッダ→ジッダ

割と苦労せず見つけられるんだが、ママの人は何故辿り着けなかったのだろう。。

そんなことはさておきこのジェッダ、イスラム教の聖地メッカに近い街として巡礼者の中継点として発展してるんだそうだ。
この辺りは

 03-聖地への入り口

このNPCもちゃんと説明してくれている。


さてDOLのジェッダと言えば、なんだか知ってるかい?


 (´・ω・`) そう、ラクダだ。


ココにはかつて人々と触れ合える奇跡のラクダが居た。
どの程度触れ合えたかは、ココに当時の古文書があるので読んで欲しい。

 某海賊のBlog

注目すべきはこの記録。

 ○○>ここのラクダだけ入れるからいい(*´・д・)(・д・`*)ネー

何と、ここに居たラクダだけは体内に潜入できたのである。
トリポリやカイロに居るラクダは他のものを寄せ付けない鉄壁のガードで我々が近寄るのを拒んでいたのだが、ジェッダのラクダだけは違った。
我々にその温もりを伝えてくれたのである。


 (´・ω・`) だが、そのラクダも神の手によって…


 04-ラクダ


現在の位置に移動させられました。
証拠
今やもう、かのラクダの温もりを感じることは出来ない。
当時、ラクダの温もりを感じた人も今やもうほとんど残っていない。

 (´・ω・`) 寂しい限りである。

今やこの事実が記載されてる資料も少なく、この海賊の記した古文書はジェッダに居たラクダについて貴重な資料なのである。


休憩所でもその話題。

 05-昔話に花が咲く

客のおっさんが俺の話し相手。
延々と3時間ほど熱く語ってあげたが、どことなしか疲れた顔をしてたな・・・



そんな訳でヘルデルの浮く牛と並んで理不尽な修正で消された幻のラクダに今回はスポットを当ててみました。
古参の人も多分覚えてない or 知らないまま来たネタであったりする。

 (´・ω・`) 生き残ってる廃の人が当時のココに用があったとは思えんしな!


だが、俺は敢えて言いたい。

 (´・ω・`) そんなの放っておいてもっとするべき修正あるだろ!

と。



#126 終了







と、真面目に書いてみたが、正直ママさんの書いた記事そのままでもいいかなとか本気で思ったり思わなかったり。
所々俺とは違う匂いがするのが気になるが大筋合ってそうだったし。

ただ、今回は書きたいネタがちゃんとあったので。








コメント



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albertkassel.blog77.fc2.com/tb.php/534-51c1b89f


Powered by FC2 Blog
道化芸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。